最高のクリエイティブ制作・クリエイターの キャリアデザインができるスタジオを目指しています。

  1. BLOG
  2. 53 view

【在宅ワーカー必見】自分にあったデスクチェアの見つけ方

はじめまして。
クリーク・アンド・リバー社デザインチームの髙橋です。

皆様、デスクチェアにこだわりはありますでしょうか。
私は在宅ワークになる前までは特に意識したことがありませんでした。
かれこれ2年ほどになる在宅ワークライフですが自室の作業環境をさほど整えずに始めたため
座布団に座って一日中作業をすることはや1年、見事に足腰に影響が出てしまいました。

今回はそんなかつての経験も交えながら
「【在宅ワーカー必見】自分にあったデスクチェアの見つけ方」と題して
選び方のコツからおすすめまでご紹介していきたいと思います。

理想の条件は?

事前に確認しておいたほうがいいと思う条件を以下に3つ取り上げました。
他にもリクライニング機能/肘置き/キャスターの有無、周囲のインテリアとの相性など
作業環境・こだわりに合わせて条件をどんどん絞っていきましょう。

背もたれの種類(ローバック、ミドルバック、ハイバック)

大きく分けて3つあると言われている背もたれの種類。
個人的に長時間作業するのであれば ハイバック+後頭部を支えてくれるヘッドレスト付き がおすすめです。

座面/張地の素材(メッシュ、ウレタン、ファブリック、レザー)

通気性、座面の硬さ、掃除のしやすさなどが素材によって左右されます。
一般的にはメッシュ素材は通気性に優れており、蒸れにくいため長時間の作業に向いているといわれています。

サイズを確認(デスク下/座面と机の高さのバランス)

特に座面と机の高さのバランスが合わないと
体に負担がかかり肩こりや頭痛などを引き起こしてしまう可能性がありますので要注意です。

自分の身長にあわせて適切な座面と机の高さを自動計算してくれるサイトもあるようなので
ぜひ数値を計算してみてください。

探し方は?

通販サイトのランキング/口コミでさがす

みんなの味方インターネット!傾向やこだわりにあった商品をピンポイントでさがすことができます。
まずは口コミ評価が高いものからリサーチしてみるのもいいですね。

SNSでさがす

ある程度目星がついたら、次はTwitter/Instagramなどで商品名を検索してみましょう。
組み立ての難易度や使い心地などをレビューしている投稿も多数あり、良い判断材料になりますよ。

他にも個人がYoutubeで発信しているレビュー動画などが参考になります。
動画は写真よりも実際に置いたときのサイズ感・質感などをよりリアルに感じることができるのでおすすめです。

実物を確かめる

百聞は一見に如かず、
時間があれば商品を展示しているショールームに足を向けることをおすすめします。
高級デスクチェアを求めている場合は尚更です。お近くの店舗を探してみましょう。

ちなみに私は事前にこれだ!と決めていたチェアの座り心地を確かめてみたところいまいちで、
結局同じ価格帯の別のものを購入しました。
大きい店舗になればなるほど取り扱っているデスクチェアの種類も豊富なので
色々と試してみるのも新しい発見があって楽しいですよ。

まとめ

以上、「【在宅ワーカー必見】自分にあったデスクチェアの見つけ方」でした。
この記事を通して少しでも皆さんの在宅ワークライフが良いものになれば幸いです。
ここまで読んでくださりありがとうございました!

BLOGの最近記事

  1. 【体験談】元教員・未経験からゲーム業界へ~転職活動と入社後の話~

  2. Art制作ドキュメント:雲と夏と君と僕

  3. 【就活生向け 第3弾】22卒の皆さんに聞いた!「学生時代の過ごし方」

  4. 【就活生向け 第2弾】22卒の皆さんに聞いた!「面接」のポイント

  5. 【就活生向け 第1弾】22卒の皆さんに聞いた!「ポートフォリオ制作」のポイント

関連記事