最高のクリエイティブ制作・クリエイターの キャリアデザインができるスタジオを目指しています。

  1. BLOG
  2. 33 view

【初心者向け】デジタル線画のコツをご紹介!

こんにちは。ブログ運営担当ARTチームの石川です。
蒸し暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
じめじめとした気候に体調など崩されないようにご注意ください。

イラストを描く際の技法は数えきれないほど沢山ありますが、
中でも「線画が苦手」という人は多いのではないでしょうか?
今回はそんな線画を少しでも楽に、見栄えよく見せるコツやおすすめのツールなど
一部ご紹介したいと思います!

 

■線画はベクターレイヤーを使うと便利

皆さんはレイヤーに種類があることはご存じですか?
CLIP STUDIO PAINTには「ラスターレイヤー」と「ベクターレイヤー」の2種類が存在します。
大まかな特徴としては「ラスターレイヤー」は描画が得意、「ベクターレイヤー」は線画が得意です。

↓↓レイヤーのより詳しい説明はこちらのサイトで紹介されています↓↓
https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/532

ベクターレイヤーには線画を制作するうえで便利な機能が沢山搭載されています。
特にベクター用消しゴムは交差した点からはみ出した部分をワンタッチで削除してくれるので
髪の毛の線画などをする際にとても便利です!

また、描いた線ごとに選択して位置を変えたり、線の太さを変えたり、形を後から整えることができるのも
ベクターレイヤーならではの機能ですね。

 

 

■線を引くときは途中で切らずに一気に引く

線を引くときは恐れずに一気に引きましょう。
何本も線を重ねてしまうと線画がガタガタになって汚くなってしまいます。
気に入る線が引けるまで、描いては消し、描いては消しを繰り返す地道な作業になりますが
こればかりは慣れと根気です。頑張りましょう!

また、線画は不透明度が100%の状態のペンやブラシを使用しましょう。
線が重なったところだけ濃くなってしまったり、色を置いた時に下の色が透けて見えてしまったりと
見栄えに影響が出てきます。もし部分的に線の色を変えたい場合は後から色トレスをして色を変えるとよいです。
また手振れ補正は20~30くらいでかけておくとブレなく綺麗に描けます。
ただし個人の好みや引く線の長さなどでその都度ちょうどよい数値に調整しながら使い分けると
良いと思います。

 

■墨溜まりと色トレスで完成度UP

・墨溜まりとは?
線画に強弱をつける為の技法のひとつです。
線と線の重なった箇所に黒ベタを入れる事で前後感を表現することが出来ます。
下の画像のように、この場合は髪の毛を手前に出すために墨溜まりを入れています。
このように髪の毛などに墨溜まりを入れると線画に強弱がついて綺麗な線画になりますが
やりすぎ注意です。

 

・色トレスとは?
着色した後に線画の色を整える作業のことで、絵全体に立体感や透明感を出すことが出来ます。
下記の画像では、髪の毛と顔のパーツを中心に線画に色を付けています。
着色した色に近い色を線画につけただけですが、イラストの雰囲気がぐっと良くなった気がしますね。

色トレスのやり方はとても簡単で、レイヤーの「透明ピクセル」をロックして塗れば
自由な色に線画の色を変えることが出来ます。
後から色トレスで線画の色を変えやすいようにパーツごとにレイヤーを分けておくとスムーズに
作業することが出来ます。

※ベクターレイヤーでは透明ピクセルをロックできないので、
あらかじめラスターレイヤーに変換する必要があるので注意です!

 

 

★まとめ★

今回は線画についてご紹介しましたがいかがでしたか?
ポイントとしては

・線画はベクターレイヤーで行うと作業がスムーズ!
・線は一気に引く
・墨溜まりと色トレスでイラストの完成度UP!

ご紹介したテクニックは数ある技法の中でもほんの一部ですが、
意識して実践するだけで簡単に絵の出来栄えが変わるものばかりです。
線画はプロでも苦手としている人がいるほど難しいものですが、こういったテクニックを活用して少しでも線画に対する苦手意識がなくなると良いですね。
この記事を通して少しでも皆様の創作活動の手助けになれれば幸いです。

以上、デジタル線画のコツ紹介でした!

BLOGの最近記事

  1. 【初心者向け】デジタル線画のコツをご紹介!

  2. 夏に向けてUnreal Engineを習得しよう!UE5についてのウェビナー開催!

  3. 【初心者向け】今話題のVTuberとは…?

  4. この時期なりやすい!5月病を乗り切る方法とは?

  5. アニメーションチームメンバーを紹介します!Vol.2

関連記事